カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ



深刻化するがんの罹患率と食生活|無添加食品のここさち

日本人の約30万人の人ががんで亡くなり、死因の第1位となっています。さらに、毎年約50万人が新たにがんと診断されています。日本人が罹るがんの種類は胃がんが最も多く、それは昔も今も変わりません。しかし欧米人に多かった肺がんや大腸がんが増え続けていることは、特筆すべき現象です。血液が衰えてがんができやすい「がん体質」を招く原因として、食の欧米化が専門家の間では常識となっています。いわゆる野菜不足と肉の多食による食生活の乱れがその一因と言えます。日本人にとって食の欧米化が進む結果として、動物性たんぱく質と脂肪の多い食生活にどんどん移行してきました。その結果、肺がんや大腸がん、食道がんや乳がんなど、これまで少なかった欧米型のがんが増えてきたといえます。動物性たんぱく質は、体内で分解吸収されたあとは尿酸や尿素窒素、クレアチニンなどの老廃物となり、血液中にも老廃物が増えることとなります。この状態は体中の細胞に悪影響を与え、細胞ががん化しやすくなり、また、体内に取り込まれたタンパク質は腸内細菌によって塩基性化合物のアミンという物質を作り出します。アミンは唾液や飲料水に含まれている硝酸塩と反応してニトロソアミンという発がん物質に変化します。また、肉に含まれているトリプトファンも腸内細菌によって発がん物質に変化すると言われています。動物性脂肪の摂りすぎは、血液をドロドロにし血流が悪くします。そのため、酸素や栄養が全身の細胞に十分に供給されず細胞の衰えや、白血球の働きが衰えることによって免疫力の低下が引き起こされます。また、肝臓から胆汁が大量に分泌され腸内細菌によって発がん物質のデヒドロコールという物質に変化します。





野菜摂取の現状

コンビニエンスストアやスーパーマーケットの店頭では野菜ジュースなどが増えてきたとはいえ、野菜の摂取量は年々減ってきています。

欧米では野菜が健康にも長寿にもいいからといって消費量が増えているのに比べ、減っているのは日本ぐらいです。
それは、日本人が伝統的な食生活をしなくなってしまったことに関係しています。

昔は、日本人はご飯に煮物や味噌汁、焼き魚などを主に食べていました。煮物や味噌汁には、たくさんの野菜が含まれています。しかも、火を通しているためにかさが減って、たくさんの野菜を摂取できていました。日本人が今でも伝統的な和食を大事にしていたら、間違いなく野菜不足にはならなかったはずです。

けれども、最近の食生活では、このような日本型食生活をされている方はめっきり少なくなりました。コンビニ弁当や外食、お肉や脂っこい食べ物、ボリュームのある食べ物が今は主流になっています。まさに飽食の時代です。ですから、なかなか野菜を摂取しにくい周りの環境になってしまいました。

実際に、昔はあれだけたくさんの野菜を摂取していたのに、今では野菜の摂取量はかなり減ってしまっています。これからは毎日の食卓や、野菜ジュースにして飲むなどして、野菜の摂取量を増やすように二本中のみんなで心掛けたいものです。


最近では厚生労働省を中心に、至る所で「食育」といって、子供時代から食べ物や野菜の重要性を認識させる教育も行なわれています。しかし、掛け声ばかりで野菜不足解消にはなかなか結びついていないようです。

野菜不足の状態が続いていたら、健康にも美容にも悪影響が出てくるし、野菜不足だと毎日イキイキとは生活できません。 ですから、今すぐ私たちは毎日の食生活を少しでも見直しをして、できるところから少しずつ野菜不足を解消していきましょう。

ジュースにして飲みやすくして摂るのもいいと思います。そうすれば、私たちはもっと元気になれます。野菜や果物には、ビタミンやミネラルが、活性酸素を抑え、抗酸化成分が豊富に含まれているので、がんの抑制や血液の浄化に優れた効果をもたらしてくれます。

がんを予防するためにも、肉は1日60g、野菜は350g以上、果物は200グラム以上摂るようにし、
海藻やキノコも積極的に食べるようにしましょう。

野菜不足の原因|無添加食品のここさち

最近の日本人は、子供も大人も高齢者も、だれもが野菜不足となっています。その大きな理由として、今の人々が忙しくなりすぎていることが上げられます。多忙なので、どうしても簡単に食べられるもので済ませがちです。たとえば、ファーストフードやコンビニで買ってきたお弁当などです。中には、忙しくて食事の時間が取れないために、何も食べないでいる人もいます。このような野菜の足りない食生活を続けていたら、体は必ず悪い影響がでてくるはずです。病になって慌てて後悔することになります。今から野菜が不足にならないように、キチットした食生活を心がけましょう。

また、野菜不足のもう一つの理由として、野菜はまずいという思い込みがあります。そう思うと、どうしても野菜が食卓に出てこなくなってしまうのです。野菜は調理の仕方によってはおいしく変わります。野菜から、甘みやうまみ、コクやだしが出てきます。野菜不足にならないためには、調理方法に工夫し、野菜を美味しくいただきましょう。朝食のメニューには、野菜の入ったジュースなどを食卓に取り入れたりするのもいいと思います。特に男性は外食を減らすなどの努力をすることによって野菜不足が解決できるはずです。このように普段の食生活で野菜の必要量を摂るためには、常に意識していなければ難しいものです。今は便利なレシピサイトなどもあります。野菜を使ったレシピを探して、今までとは一味違ったおいしい野菜料理を作ってみましょう。ジュースにして摂ることもいいと思います。おいしくないとか面倒くさいとかの思い込みで、野菜不足になっていたら残念なことです。





必要な野菜の摂取量は?

厚生労働省では、1日に必要な野菜の量を350gと決めています。

おそらく、多くの方が野菜が足りていないのではないでしょうか?

1日に350gの野菜を食べるというのは、大変なことです。
しかも、毎日食べなければなりません。今日も明日も食べなければならないのです。
その量は中くらいのざるに1杯程度はあります。

あなたがもし350gの野菜を目の前に出されたら、その量の多さに驚かれることでしょう。

これは普通に食事をしていたのでは、絶対に摂りきれる量ではありません。
炒め物や煮物にしたり、ジュースで飲んだり、その容量を小さくする工夫をしなければ食べきれません。
健康を維持して、いつまでも美しく生活していくためには、努力して1日に350gの野菜を食べましょう。

しかも、何か1種類を食べればいいのではなく、毎日さまざまな種類の野菜を取る必要があります。
野菜は、緑黄色野菜と淡色野菜にも分けられ、毎日あなたの体は両方とも必要としているのです。
1日に必要な野菜の量は必要最低限の目安です。

ですから、野菜はそれ以上の量を1日にとっても、まったく問題はありません。
むしろ、できるだけ多品種で多くの野菜を食べたいですね。
特に体にとって必要な栄養成分がたっぷり含まれているのは、にんじん、ほうれん草、キャベツ、
ブロッコリーなどです。

だから、にんじんジュースや青汁が良いとされる所以です。
これらの野菜には、ビタミンC、ビタミンA、ミネラル、カルシウム、βカロテン、αカロテン・・・
などがたっぷり含まれています。

どの栄養成分も、あなたを健康に若々しくしてくれる働きの豊富なものばかりです。
1日350gに決めつけないで、できるだけ多くの野菜を摂ることを心がけましょう。



野菜不足がからだに及ぼす影響

野菜不足になると、私たちの体にさまざまな影響が及びます。
特に美容面と健康面では深刻な変化が現れます。

まずその1番大きな悪影響は肌荒れです。女性でお肌のトラブルに悩まれている方の多くは、野菜不足になっていませんでしょうか?野菜の成分には、お肌のきめを整えたり、潤いを与えたりする効果があります。それはビタミンやミネラル・カルシウム・食物繊維などです。

このような野菜の栄養成分の働きによって、肌は健康的にみずみずしく保たれます。野菜不足になると、とたんにあなたのお肌は、潤いをなくしてかさついてしまうはずです。現在、お肌のトラブルで悩んでいるならば、原因は野菜不足からきているかもしれません。意識して、新鮮な野菜をたっぷりといただくようにしましょう。

さらに、野菜不足は、体の不調を引き起こします。これは、体が元気に過ごすための、ビタミンやミネラル・カルシウムなどが不足するからです。野菜には、体を常に健やかにしてくれる、重要な栄養成分が含まれています。ですから、「どうも体がしっくりしない・・・」と思う方は、野菜を食べるとその症状が改善できるはずです。

美容面でも健康面でも、私たちの体にとても重要な栄養成分を野菜はたっぷり含んでいます。毎日きれいで病気を寄せつけないためにも、野菜を摂り入れた食卓の工夫やジュースにするなどして、野菜と上手に付き合っていきましょう。

にんじん&りんごジュース

お客様の声をご紹介!ご購入の際の参考にしてみてください(^O^)/

ページトップへ

ページトップへ