カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

必要な野菜の摂取量は?

厚生労働省では、1日に必要な野菜の量を350gと決めています。

おそらく、多くの方が野菜が足りていないのではないでしょうか?

1日に350gの野菜を食べるというのは、大変なことです。
しかも、毎日食べなければなりません。今日も明日も食べなければならないのです。
その量は中くらいのざるに1杯程度はあります。

あなたがもし350gの野菜を目の前に出されたら、その量の多さに驚かれることでしょう。

これは普通に食事をしていたのでは、絶対に摂りきれる量ではありません。
炒め物や煮物にしたり、ジュースで飲んだり、その容量を小さくする工夫をしなければ食べきれません。
健康を維持して、いつまでも美しく生活していくためには、努力して1日に350gの野菜を食べましょう。

しかも、何か1種類を食べればいいのではなく、毎日さまざまな種類の野菜を取る必要があります。
野菜は、緑黄色野菜と淡色野菜にも分けられ、毎日あなたの体は両方とも必要としているのです。
1日に必要な野菜の量は必要最低限の目安です。

ですから、野菜はそれ以上の量を1日にとっても、まったく問題はありません。
むしろ、できるだけ多品種で多くの野菜を食べたいですね。
特に体にとって必要な栄養成分がたっぷり含まれているのは、にんじん、ほうれん草、キャベツ、
ブロッコリーなどです。

だから、にんじんジュースや青汁が良いとされる所以です。
これらの野菜には、ビタミンC、ビタミンA、ミネラル、カルシウム、βカロテン、αカロテン・・・
などがたっぷり含まれています。

どの栄養成分も、あなたを健康に若々しくしてくれる働きの豊富なものばかりです。
1日350gに決めつけないで、できるだけ多くの野菜を摂ることを心がけましょう。



ページトップへ